ワインのある日々 (solo in giapponese)

イタリアのマルケ州は、ヴェルデッキオやラクリマなど独特な葡萄品種が育ち、イタリアを代表するワインが多く生産されるエリアの一つです。私が住むアンコーナの近隣にも数多くのカンティーナがあり、気軽にワインテイスティングを楽しめます。
これまでは購入するためだけにカンティーナに訪れていましたが、日本の皆さんにもカンティーナや、生産者さん、そしてもちろん彼らのワインをご紹介したく、「Wineの勉強」と称してこちらのページを立ち上げました。
マルケ州だけでなく、他州のワイナリーも紹介させて頂きます。ちゃんと続けられることを祈って…。
2017年1月11日 丹羽淳子 Atsukoca Niwa

AIS Japan の亀山絵美さんのご好意により、AISのHPに2014年に掲載して頂きました。
ページにリンク : ソムリエ紹介 丹羽淳子さんhttp://www.aisnews.com/ 


旬の野菜で、ひとつき、ひとくぎりItalia編 さつまいも編
日本編ではおいもの紹介。イタリアではサトイモや子芋といったお芋を見かけないので、こちらではなじみの薄いサツマイモを使ったお料理を紹介しています。合わせたワインはシチリアの白ワイン。ちょっとお料理が負けたアッビナメントになりました(涙)。
2017年9月4日に更新しました。※リンクは当サイト外につながります 


ウンブリア州ワイナリー『Arnaldo Caprai/アルナルド・カプライ』へ
マルケ州のお隣りウンブリアにあるワイナリーに行ってきました。サグランティーノの育成の第一人者にあたるこのカンティーナ、広大な敷地と素晴らしい設備を完備し、サグランティーノの伝統を受け継ぎつつ、新しいことにもチャレンジしています。
2017年9月1日に更新しました。


旬の野菜で、ひとつき、ひとくぎりItalia編 とうもろこし編
とうもろこしを使ったイタリアらしいお料理をということで、とうもろこしの粉状にして食べる”ポレンタ”料理を用意しました。秋冬によく食べられるお料理なので、伝統的な食べ方ではなくアレンジバージョンになっています。
2017年9月1日に更新しました。※リンクは当サイト外につながります 


マルケ州ワイナリー『Le Caniette レカニエッテ』へ
マルケ州南部のアスコリピチェーノ県のこちらのカンティーナ。家族経営でBIO栽培のぶどうを使って個性的なワインを生産しています。エリアのカンティーナと協働し、Bordoと呼ばれる土着品種を使って高級赤ワインの生産もし、素晴らしい成果を出しています。
2017年7月18日に更新しました


遺跡の街で葡萄と水牛を育むカンティーナ『San Salvatore 1988』へ
カンパーニャ州南部の3つのエリアに畑を持つカンティーナ。ワインへの情熱はもちろん、モッツァレラチーズも生産する造り手さんです。地形状によって、独特の気候になるこのエリアで造られるぶどうは個性的な味わいが楽しめます。
2017年7月14日に更新しました。


Verdicchioのみで勝負するカンティーナ『Sartarelli』
マルケ州の土着品種で、イタリアを代表する白ワインの一つと言っても過言ではないVerdicchio。この品種のみ(つまり白ワインのみ)の生産で、マルケ州でも非常に評価の高いカンティーナに、ヴェルディッキオ好きのフィレンツェ在住ソムリエと伺ってきました。
2017年7月10日に更新しました。


旬の野菜で、ひとつき、ひとくぎりItalia編 トマト編
夏と言えばトマト、というくらい、私の中で大きな存在のトマト。きっと多くのご家庭でも夏の食卓に無くてはならないお野菜の一つだと思います。熱を加えると自然の甘さがぐんと増すのも不思議ですね。スナックの様に手軽にいただける簡単な一品をご紹介します。
2017年7月1日に更新しました。 ※リンクは当サイト外につながります 


ブリンディジを代表するカンティーナ『Tenute Rubino』
プーリア州の港町ブリンディジ。アドリア海からの恵みを受ける大地に育つ武道で造られたワインは全て味わい深く、また、土地の人達のあたたかさが心にしみるワインのDegustazione and abbinamento になりました。次回は完全なプライベートで訪れてみたい、と思わせられる素敵な出会いにFacciamo Brindisi!
2017年6月30日に更新しました。


5月27日(土)と28日(日)は『Cantine Aperte 25th 』
イタリア記念日に合わせてイタリア全土で大々的に開かれるカンティーナアペルタ(オープンワイナリー)。マルケ州でももちろん開かれ、3つのワイナリーを巡ってきました。いろいろなワインを低料金で戴けるのはもちろんワイナリーごとにイベントも開催されてとっても楽しい二日間なのです。
2017年6月7日に更新しました。


旬の野菜で、ひとつき、ひとくぎりItalia編 プンタレッラ編
日本ではあまり知られていないお野菜「Puntarella」を使った簡単なお料理です。軽い苦みがくせになる美味しさのこのお野菜。サラダ仕立てにしてフレッシュに戴きます。合わせたワインは塩気のあるシチリアワイン。余韻はちょっと短めでなモノトーンなワインでしたが、シンプルにマッチします。
2017年6月5日に更新しました。 ※リンクは当サイト外につながります 


旬の野菜で、ひとつき、ひとくぎりItalia編「さやえんどう」イタリア編
残念ながら「さやえんどう」ではなく、日本では「モロッコインゲン」として知られるTaccoleを使ったお料理です。合わせたワインはフリウリの土着品種スキオペッティーノを使ったロザートのスプマンテ。甘さを感じながらも泡の清涼感がありバランスの良さが際立ちます。
2017年5月10日に更新しました。 ※リンクは当サイト外につながります


旬の野菜で、ひとつき、ひとくぎりItalia編 「菜の花」イタリア編
自分だけの暮らし方を見つけるサイト「びとくらし(美徳と暮らし)」で、イタリアのワインと食のコラムを担当することになりました。
4月は「菜の花」のお料理。イタリアではCima di Rapa と呼ばれています。合わせたワインOffidaのペコリーノ100%白ワイン。
2017年5月10日に更新しました。 ※リンクは当サイト外につながります


I sensi del Vino /ワインの感覚
Sfumature e sfaccettature delle degustazione(試飲におけるニュアンスと観点)   Hotel gentile ( Fabriano Marche)
AISマルケ支部企画のワインの勉強会+ランチブッフェに参加してきました。日ごろは飲むだけ、楽しむだけですが、理論と理屈を聞いてから試験的に味わうことも訓練として大切なことを痛感です。そしてなんといっても忘れないことですね。
2017年5月2日に更新しました。


Marche マルケ州
Urbisaglia  (MC) マチェラータ・ウルビザリア
Tenute MURÓLA/ テヌーテ ムローラ
300年以上という歴史を持つ一家がワイン醸造事業を近年開始。マルケ州で生産するメトド・クラシコ製法のスプマンテが州優秀ワインに選ばれその躍進が注目されています。
2017年4月18日に更新しました。


Piemonte ピエモンテ州
Monferrato (AT)  モンフェッラート アスティ
BAVA Azienda Vitivinicola e di Invecchiamento
バヴァ アジエンダ ヴィティヴィニコラ エ ディ インヴェッキアメント
Giulio Cocchi Spumanti Srl
ジュリオ コッキ スプマンティ srl
100年以上の歴史を持つAstiを代表する2カンティーナ。山深いエリアに2社共有の敷地があり、そこでどちらのワインも試飲できます。洗練された味わいが特徴的です。
2017年2月28日に更新しました。


AIS Marche 主催の試飲会
Marche D’Eccellenza  2017年2月5日(日) 17時より Villa Bianca (FM)
イタリア・マルケ州で最高のワインたち 2017年
AISが毎年刊行するワインガイドブックにて、最高賞を受賞したワインの試飲会に参加しました。
2017年2月14日に更新しました。


Marche マルケ州
Staffolo (AN) アンコーナ・スタッフォロ
Viticoltori Finocchi ヴィティコルトリ フィノッキ 
エリア内に4つの畑を有し、曽祖父から伝わる伝統を引続いだ若い兄弟が牽引する
カンティーナ。赤ワインやスプマンテなどの生産も開始しています。
2017年1月11日に更新しました。