チャオです!Ciao a tutti!
ho trovato un’ articolo scritto in Italiano su cui si parla qualcosa ispirata o collegato con il Giappone. Metto il link e Leggetelo pure. Purtroppo non posso mettere i testi direttamente sul mio sito a causa di problemi di copyright.
みなさん、こんにちは。イタリアで目にする日本に関連するニュースや面白いインフォメーションを、日本語に翻訳してご紹介します。イタリア語の記事については、リンクを開いて御覧ください。

イェール大学の神経科学者、ゴールデン シェファードはワインは、数学的な複雑な問題もより深くまたより良く思考するように人間が持つ器官のうちのいくつかに刺激を与えられることを発見しました。

イェール大学の神経科学者である ゴールドン シェファード氏が行ったとある研究によると、ワインは脳の 複雑な数学の問題を解くこと以上にのことに司るいくつかの部分に影響を与えるとようなのだ。ワインを試飲するプロセスは、クラシック音楽を聴いたり、数学の複雑な問題を解くことを試すよりも優れた作業とも言えるでしょう。

シファード氏は彼の著作”Neuroenlogy”の本の中で以下のように言っています。”脳はどの様にワインの味を作り出すのか” 説明すると、グラス一杯のワインを飲むときに私達は”飲み下そう”とするわけではない。口の中で味わい、香りを楽しみ、眺め、そして嗅覚、視覚、感触などを総動員して飲み込みます。これは様々な筋肉や感覚のプロセスを活用していることになります。

”試飲”に役立つ香りの感覚は、花や、フルーツ、スパイスの香り、などを認識し、手の平の中でグラスワインを握る喜びさえも生み出します。味わいを感じる味覚。その上に、ワインには記憶に紐付いていたりもします。


鼻、舌、喉が機能する香りや味わいは私達を感動させることができます。この理論を支持している研究によると、世界中のソムリエたちは特定の部分がより開発されてた脳を持っており、より柔軟性の高い感性を持っているとのことだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です