出典: Ostelzzz FPより https://www.facebook.com/Ostelzzz

チャオです!
Ciao a tutti!
ho trovato un’ articolo scritto in Italiano su cui si parla qualcosa ispirata o collegato con il Giappone. Metto il link e Leggetelo pure. Purtroppo non posso mettere i testi direttamente sul mio sito a causa di problemi di copyright.
みなさん、こんにちは。イタリアで目にする日本に関連するニュースやインフォメーションを、日本語に翻訳してご紹介します。イタリア語の記事については、リンクを開いて御覧ください。

https://www.vanityfair.it/viaggi-traveller/notizie-viaggio/2020/01/14/il-nuovo-ostello-jap-style-e-digital  

FRANCESCA MARTINENGO Vanity Fair, 14 GENNAIO 2020

トリノに新しいJAPスタイルのホテルが開業。面積は最小で最大のデジタル化

Ostelzzoは日本のカプセルホテルからインスピレーションを得た新しいホスピタリティの形。堅実でローコストな旅人向け

賢くお得に旅する方法です。一度は試してみるべき。トリノにあるOstelzzzは日本のカプセルホテルからインスピレーションを受けたミニマルスタイルの最新型ホステルで、その中身はとても高いデジタル化を誇ります(受付もバーチャル対応で24時間可能なくらい)。

ミラノのポルタヴェネツィアエリアでのオープンの後、Ostelzzzはトリノの中心部にオープンします。La Mole の下にあるこちらのオステルは。200の小さな部屋(実際にはキャビンやスリーピングポッドと呼ばれます)と安めの料金設定になる予定とか。実際にOstelzzzの料金は40ユーロからの設定で、部屋のカテゴリー: エコノミー、スタンダード、デラックスもしくはダブルデラックス、によって料金が変わり(ご想像の通り面積の違いです)。

すべてのキャビンには、エコノミーであったとしても、ホテルに宿泊する客同士でやり取りができるホテル内でソーシャル関係を持つことができる”Socializzz”に繋がることができるタッチスクリーンが備え付けてあります (このようにすることによって、沢山の人達が出会っていた、いわゆる”昔”のホステルのようなつながりを持つことができます) 。

スリーピングポッズを開けるため、というよりも閉めるためには、チェックイン時に有効化された個人番号を入力するか指紋認証を利用します。つまり、最小の面積、最高のデジタル化と最高のセキュリティというわけです。そんなわけで、ミラノのオステルの利用者の65%が女性であることはうなずけます。

Ostelzzz は、空港内で睡眠を取るため(飛行機に乗り遅れる恐れがあったり、乗り継ぎの際にゆっくりと休みたいことがあるでしょう)に小さなラウンジを提供するスマートホスピタリティのソリューションとして開発され、 2014年に登場した ZZZleepandgo のスピンオフです。ラウンジはレセプションからシーツの交換まで完全にオートメーションされています。「ここからです」ファビオ ロッケッティオペレーションマネジャーは言います「すべてが”ここから”で遠隔で操作されています」。ストレスの多い旅行者への色彩セラピーですらも。

ZZZleepandgoはマルペンサ、カゼッレ、ヴェネツィア、ベルガモ オリオ アル セリオ、ベルガモ オスペダリに続き、来週にはヴァルサヴィア モドリン空港にオープンします。
よい旅を!そして良い(デジタルカプセルで)休息を。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です